完全無料 日本最大級のメーリングリストサービス

TOP > ウィふり調査団 > 由来・語源 > 『ずんだの名の由来は?』調査
ウィふり調査団トップへ

『ずんだの名の由来は?』調査

カテゴリ:由来・語源
最近家庭科の先生に調査依頼されました。「ずんだもち」の「豆んだ(ずんだ)」の名の由来は??豆ってとこはわかるんですけど、「んだ」って…?教えて下さい!(青田さん)
みなさまからのメール
◆調理用語辞典によりますと、「ずんだ」は「豆打」と書き、所によっては「じんだ」或いは「じんだん」と言います。由来には諸説があって、やれ甚太という人が始めたからとか、陣太刀の柄を使って豆を潰したのが始りとか言われますが、「豆打(じだ)」が訛ったものであろう、とのことです。
ちなみに「じんだ」とは茹でた枝豆を磨り潰したもので、塩、砂糖などの調味料を加えて、もちにからめたり、和え衣にするもの、とのことです。(笠原さん)

◆「ずんだ」は宮城・山形にしかないと思ってました。言葉もこの地方の方言だと思ってました。
「ずんだ」はまめを打って作る「豆打(ずだ)」が仙台弁(東北弁)で「ずんだ」になったようです。
別説として伊達政宗が戦いの時陣太刀(じんたとう、刀のこと)で豆をつぶして食べたことからつぶした豆を「じんだ」というようになったという説もあります。
でも地元の人間として、いつの戦いの頃からなのか、そもそもそのころ枝豆という農作物が仙台にあったのかなどの検証は私はまだしておりませんのでちょっと信じがたいです。
この説が本当なら政宗の生地米沢や福島県一帯、さらに政宗が転戦した日本各地に同じものが残っていてもいいはずなんですが。
そもそもこの枝豆をすりつぶして作る料理「ずんだ」ってどこまで普及している郷土料理なんですか?(宮城県 キチダイさん)

◆さて、家庭科の先生のおっしゃった「ずんだもち」は恐らく山形県の名産「ずんだ餅」のことでしょう。
「ずんだ餅」はどのような食べ物かというと、多少推測交じりですがご説明します。
甘味が抑えられててとてもおいしい和菓子です。

・もち米で作った”だんご”を用意する。
・枝豆によく似た”だだちゃ豆(これも山形名産)”を細かくする
・細かくした”だだちゃ豆"を砂糖や水あめで甘く和える。
・和えたものをだんごに絡める

一番、重要な「ずんだ」の語源は不明です。
しかし”んだ”は山形弁の”んだ”が関係していると思われます。
以上、無責任にだらだら書き付けましたが、詳しくは和菓子屋さんとか、究極は山形の観光課とかに問い合わせてみるのがいいでしょう。(M.Tさん)

◆私が住む仙台では「ずんだ豆」は枝豆のことですね。
枝豆を煮て柔らかくして、つぶして砂糖を混ぜたものを「ずんだ」、って呼んでます。
枝豆を打って(=つぶして)作ることから、「ずんだ」は「打豆(ずだ)」がなまったって話ですよ。
(E.Iさん)

◆豆(ず)打(だ)がだんだん「ずんだ」となっていったと聞いてます。
豆をつぶす作業を打つ、と表現したのでは?(もち嫌いのももちゃんさん)

◆じんだん餅は山形の伝統的な食べ物です。
「ずんだ餅」という表記がおおいですが、あれはほんとは「じんだん餅」です。
なまって「ずんだ」と聞こえるだけで、山形県民は「じんだん」って言っているつもりなんですよ。
枝豆をすりつぶして砂糖を加えたものですが、なんで「じんだん」っていうのかはわかりません。
(山形県最上郡出身者Nさん)

◆伊達政宗が出陣の時に用いた陣太刀(じんたとう、武具)で豆をつぶして食したことから、陣太刀がなまって「ずんだ」になったという説と、豆を打つ、すなわち豆打(ずだ)がなまって「ずんだ」になったという説があるようです。(うっちーさん)

◆「ずんだ」の由来についてですが、ずんだは豆をつぶして作ります。
「豆」を「打つ」→「豆」「打」→「ず」「だ」→ずんだ
という作り方から、「ずだ」が訛って「ずんだ」になった。
と山形の名産を紹介するテレビ番組で見たことがあります。(R.Hさん)

◆ずんだは豆を打つと書いて「豆打」というのがなまって「ずんだ」になったそうです。(Sさん)

◆「ずんだ」というのは、枝豆をすり潰して作った「あん」の事ですね?
すり鉢に豆を入れて、最初は小さく打つようにしてからすり潰して作るので「豆を打つ」→「豆打」→「ずだ」この「ずだ」がなまって、「ずんだ」となったそうです。
ちなみに、私の実家の方では、更になまって「じんだん」と言います。(山形県米沢市です)
以上、調査結果でした。(というか、知っている事をそのまま書いただけですけどね・・・)
(N.Aさん)

◆調べてみた所、2説ありました。
1.「づだ(豆打)」がなまって「ずんだ」になった。
2.「じんだ」がなまって「ずんだ」になった。
もともとは「糂汰(じんだ)」で、ぬか味噌や味噌でつけた魚という意味だったが、それがいつのまにか「青大豆の和え物」という意味に変わった。ちなみに「じんだ餅」というところもあるようです。
どっちが本当なんでしょうね。(美桜さん)

◆名前の由来はさまざまな諸説があるようですが、豆を打って作るので「豆打」と呼んでいたのが東北弁で「ずんだ」となったというのが、一番有力な説の様です。
ちなみに、他には甚太(じんだ)という人が考えたものという説や陣中で太刀を使って枝豆をすり潰した事からという説などがあるようです。(K.Kさん)

◆豆を打って作るから、「豆ん打(ずんだ)」だと、「松岡修三の食いしん坊万歳」で言っていました。
ちなみに私の出身、山形ではずんだのことを「ぬた」とも言います。
納豆、ごま、磯部、、、と色々ありますが、餅の中で一番すきなのがぬた(ずんだ)もちです。(M.Hさん)

◆ずんだの”だ”は” 打 ”だったとおもいます。
”豆を打つ”で、”ずんだ” だったはず。
昔は日持ちのしない食べ物でしたが、今は冷凍にしてどこへでも送れます。
いろいろお菓子屋さんからおいしいのが出ているようですが、手作りが一番。
(まあちゃんのおかあさんさん)

◆「ずんだ」。なんだ(笑)。二十ン年生きてきて、今まで聞いたこともない名前でした。
地方特産品として知名度は上がってきているものの、やはり全国にその名を轟かせるまでには至っていないようです。負けるなずんだ、頑張れずんだ、ずんだった。
興味が湧いたので、酒の肴代わりに調べてみることにしました。さて。
奥州伊達政宗公が合戦に際して、枝豆(大豆の早摘み)を陣太刀(じんだち)で刻んで餅に混ぜ込み食した、というのが通説一般のようです。
政宗公が、というのは後世の宣伝文句かも知れませんが……。
今回は特にこれについて考察しようと思います。
「じんだち」→「ずぃんだつ」→「ずんだ」と訛っていったと見るのが妥当でしょう。
あるいは、「じんだちもち」→「じんだもち」→「ずんだもち」という具合に、「餅」も単語音節に含めて訛っていったのかも知れません。
いずれにせよ、刻み潰した枝豆(又は「だだちゃ豆」)を指して「ずんだ」とする呼称は、「ずんだ餅」という単語が成立してから、逆転的に発生したものだと考えることができます。
では、「ずんだ」以外に呼称はあるか。あります。 「ずんだ」の地域からやや南下した一部の地域では、「ずんだ」を指して「ぬだ」と呼ぶことがあるようです。
これは「ずんだ」が更に音声変化したものと見ることができ、単純に略すれば「んだ」となるところですが、固有名詞として発音を明晰化する無意識の必要性から、「ん」が明確に子音化しつつ、前音節「ず」の母音を引き継いだ形態と考えられます。
同様に、「じんだん」もあるようです。
この存在を考慮に入れると、ごく初期でのずんだ餅の呼称はむしろ発音として現代的に強引に表記すれば「ずぃんだ餅」であったと考えざるを得ない。
限りなく「じ」に近い「ず」の発音。
このあたりの微妙さは、音声学の領域になるでしょうが。
何せ録音機材も発音記号もない昔に生まれた言葉ですので、そのあたりの事実はあくまで推測の霧の向こうに覗うばかりです。
言葉は生き物なので、特に「音」としての言葉は、歴史の流れに沿って無限に形を変えていくが故に。
ところでもちろん、上記の他に由来説がないわけではありません。
幾つか紹介して、若干の考察を試みてみます。
語源は「じんだ」(麹と糯に塩を加えて熟れさせたもの、又は糠味噌)であるとする説がありますが、ずんだ餅の最たる特徴である「豆」について触れてないので、これは十中八九、類似の同音異義語に頼った後世の解釈だろうと思われます。
また、「豆を打つ」の「豆打(ずだ)」が訛って「ずんだ」となったとする説もありますが、「豆」単体の発音としては、圧倒的に「とう」(漢音)と発音する場合が多い。
しかし、ずんだ餅に用いられる豆は即ち最終的に大豆「だいず」となるものであり、「豆」をして「ず」(呉音)と読む一例でもある。
時代地域での音韻の変遷を踏まえた上で、更なる考察が必要であろうかと思います。
以上。Web検索で拾った情報を、私なりに少しばかり吟味してみました。チビチビやりながら。
書いてるうちになんだか、ずんだ餅が食べたくなったのは秘密です(笑)。
負けるなずんだ、頑張れずんだ、ずんだった。(正弓さん)

◆「ずんだ」って全国的に知られてるんですか??私は仙台市出身ですが、郷土食かと思ってました。
私の知っている限りでは、豆をつぶして作る、「豆打」で「ずんだ」ですが・・・。
山形出身の友人は「ぬた」という事もあるといってましたが私にしてみれば「ぬた」は酢味噌和えです。(T.Iさん)

◆「ずんだ」餅は「ぬた」餅の訛りではないでしょうか。
私は山形市内に住んでいますが、「ずんだ」餅という言い方は30年くらい以前には聞かなかったような気がします。
では、なんと呼んでいたかですが、それは「ぬだもづ」で、親の代からそう呼んでますし、現在の孫も「ぬたもち」と言ってます。
したがって、山形県ではずんだ餅が標準語という認識には誤りがあるのではと思います。
私の周辺の人は、「じんだん餅」といえばお菓子屋さんで売っている、家庭で作ったり餅屋さんで売っている「ぬた」餅とは似て非なるものです。
ちなみに、団子の場合は「ぬた団子と呼び、「じんだん団子」という言い方は聞きません。
「ぬだもづ」の「ぬだ」はエダマメをつぶして、塩と砂糖で味付けをしたもののことですが、「ぬた」は古代日本語の「泥」のことです。 この「ぬた」で現代語として残っているのは「ぬたくる」(しばしば塗りたくる」から転じたと思われていますが語源的には「ぬた+くる」ですね)や音韻変化を起こした「のた打ち回る」の「ぬた」や「のた」です。
「ぬたくる」は泥や絵具などをあたりかまわずべたべたなすりつけることでしょうし、「のた打ち回る」は人や動物が泥(地面)の上を這いずり回って手足をばたつかせながら苦しんでいる様を表現したものです。
したがって、「ぬた」餅の「ぬた」は若い大豆をつぶして泥状にしたものを言っているのだと思います。
さて、「ずんだ」餅です。
「ぬた」→「ぬだ」→「ずだ」(「ず」と「だ」の間に短い「ん」が聞こえる)→「ずんだ」
そして更に「じんだ」や「じんだん」と変えられて、少しは共通語的発音になったのではないかと、……
ついでながら、山形では生のニシンのことを「カド」と言ってました。
最近では新庄市近辺に「カド焼き大会」などとして残っているだけで、若い人たちは干物も生物も「ニシン」と呼んでいるようですが、このニシンの卵を「カズノコ」と呼ぶのは「カド」の「子」から転じたもので、日本語の古語では「カドが一般的な呼び方だったのです。
以上、私の独断と偏見(?)による解説でした。(正弓さん)

◆米沢市のとなり川西町出身です。
うちの田舎で比較的有名な地域限定食物といえば「じんだん」「つのまき」です。
「じんだん」は伊達家に由来するので山形・宮城(・福島)の名産です。
山形弁(村山弁・置賜弁・庄内弁など)では「じんだん」、宮城弁で「ずんだ」です。
「つのまき」はいわゆる新潟の「笹団子」ですが、伊達家より後に入府した上杉家に由来するので、旧上杉藩である新潟・山形県の県南地域・福島県会津地方のみに分布します。
つまり「じんだん」は米沢から宮城に伝えられたものですが、「つのまき」は新潟から米沢に伝えられたものです。
おそらくオリジナルは「ずんだ」で昔からあった山形では「じんだん」に音韻変化し、後から伝わった仙台では古い発音の「ずんだ」のまま残ったと思います。
じんだんは餅や団子・おはぎだけでなく、ゆがいた茄子をあえたりもするのでその場合は「ぬた」の材料にもなりますが、そのものを「ぬた」とは言わないと思います。
調査結果の訂正としては、「だだちゃ豆」は大豆の一品種にすぎないのでだだちゃ豆の未成熟の状態も枝豆です。ゆでた豆はつぶすのではなくまず刻みます。
包丁で粗みじんにしてから、あるいはフードプロセッサにかけてからすり鉢ですります。
すり鉢ですらないと粘りがでません。豆の皮をとるとらないは自由です。
ペースト状のものがよければ(こしあんのように)皮をとり充分擂ればいいでしょうし、ある程度歯触りを楽しむなら皮を入れて粗く擂った方がよいでしょう(我が家はこちらです)。
初めて作る場合水飴は使わない方がいいと思います。(猿山有希樹さん)

◆目にとまり、早速開いてみました、というのは生活研究会で、ずんだ餅を作ってみようということになり11月に里では盛んに食べていたと言われる方の講師で教えて頂く事になりました、とても美味しいとの事です。此の調査は、大変嬉しかったです、有難うございました。(田村さん)

◆実家(宮城県)では、「ずんだ」です。福島県(の北の方)では「じんだ」らしいです。
今は北海道(函館市)に住んでいますが、こっちの人は聞いたことがないそうです。
実家の方ではしょうゆ、あん、ずんだ団子が1セットで普通にスーパーにも売っていますが、こっちでは見かけたことがありません。全国区ではないと思います。(Sさん)

メーリングリストなら、
1通送るとみんなに届く。
学校やサークル、友達同士の連絡用に。同じ趣味の仲間同士の情報交換や雑談用に。freemlなら誰でも簡単にメーリングリストの運営がスタートできます。
調査記録一覧
あなたはなんて言う???

「食」調査!!!

由来・語源

○○知ってる???