完全無料 日本最大級のメーリングリストサービス

TOP > ウィふり調査団 > あなたはなんて言う??? > 『グーパー分けのかけ声は?』調査
ウィふり調査団トップへ

『グーパー分けのかけ声は?』調査

カテゴリ:あなたはなんて言う???
ーとパーでチーム分けするときのかけ声を何といいますか?京都では「グッパでそろたら怒りなし!」と言っていたんですが、他県ではどうなんでしょうか?大阪の友達は「グッパー、グッパー、グッパでホーホーホイ!」と言っていたそうです。ぜひ、調査お願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

全国調査の結果は?

二つのチームに分かれるときに、簡単に決めることができる、「画期的」かつ「シンプル」な「グーパー分け」。
全国的に広く使われているようで、それぞれの土地でかけ声も多種多様。
さっそくどんなかけ声があるのか見てみましょう!




北海道 「グーとチーで合った人!」
群馬 「うーらーおもてっ」「うらおもて分けしかしたことがありません」
「グッチョッパーでわっかれっましょ♪」
埼玉 「グーパージャス!」「グーパーパ!」「ぐっぱのもんくなし」
東京 「グーパーじゃん」
神奈川 「グッチージェス」「グー、とー、パー」「グーと〜、パーで〜、あ〜えばりっ!」
新潟 「グ〜チ、グ〜チ、グ〜チッチッ!」「いーすとはっさっみ!」
長野 「始めて聞きました」
山梨 「グッとーパーで○人○人そろえばいいだーヨッ!!」
富山 「グっパー じっけっ じっけった」「グーとーパーでー っほーい」
石川 「グー、キー、グー、キー、おともんやす!」
静岡 「グーパージョシ」「グッピッパ」「グーピーあーわせ!」
岐阜 「グッとーパーで合〜わせっ」
愛知 「グーとピーであやええこ!」「ぐぅ〜とぱ」
「グッとっパーのあーわーせっ!」「グーとパーでそーろーいっ!」
徳島 「ぐーぅ、とぉ、ぱーぁ」
北九州 「グーとーパーでわかれましょ。」
大分 「いーしーはーさーみ!」
長崎 「うらおもて! てってのて!」
熊本 「最近まで知りませんでした」
鹿児島 「グーとパーで分かれましょ♪」

みなさまからのメール
◆三十路手前の男です。(^_^;)
私の所(岐阜県)では子供の頃、「グッとーパーで合〜わせっ」っとやっていました。
決まらない時は「合〜わせっ」を何度も繰り返しました。今はどうか知りませんが・・・。(イマイチさん)

◆千葉出身ですがグーパーじゃなくて うらおもて分けしかしたことがありません。
うーらーおもてっ」と言って手のひらを表か裏で出して分けます。
一度で決まらなかった場合は続けててってのてっ」です。
(じゃんけんの「あいこでしょ」みたいな)私が育った地域だけなんでしょうか?(ぴょこさん)

◆群馬生まれ群馬育ちで新潟在住です。
群馬では単純に「グ〜パ〜、じゃん、けん、なっ!」でした。
でも、新潟だと「グ〜チ、グ〜チ、グ〜チッチッ!」でやります。
グーとパーじゃなくてグーとチョキなんですね。
最初聞いたときは驚いてしまいました。(ひよこぎつねさん)

◆大阪のミナミに住んでましたが、 グッパー、グッパー、グッパーでホーイのホイ! って言ってました。
一回で決まらなければ、ホーイのホイ ホーイのホイ と決まるまで繰り返します。(ネルオフ さん)

◆同じ京都でも私の住む北部(日本海側)では、『グッパレのレッ!』で一斉に出します。(やよさん)

◆長崎県長崎市出身です。 チーム分けには『うらおもて』を使っていました!
『グーパー』で分けるなんて初めて知りました!
『うらおもて!』で手のひら側か手の甲側をひらひらさせてからどちらかを上に向けて組を決めます。
決まらないときは,『てってのて』って言ってもう一回やります。(e2116さん)

◆富山県です。 グーパー分けの仕方は、都道府県ごとでももちろん違うと思いますが、小学校から中学校に上がった時、小学校地域ごとに違うことが発覚しました。
私の小学校地域では
「グっパー じっけっ じっけった」「あいらっち」
訳:ぐーぱーじゃんけん じゃんけんぽん  あいこでしょ
他の小学校地域では 「グーとーパーでー っほーい」 「グーとーパー」(「パー」で出す) 等がありました。(ぁぃさん)

◆私は「グーチーじゃんけん、じゃんけんほい」だったような気がします。
「うーらーおーもーて」もよく使ったような・・・(手のひらを上にするか下にするかで分かれる)
今、小学生の娘たちは「うーららおーもーて」と言ってますが。
うまく分かれなかったときは「てってのて」と言ってもう一回出し直してました。(神戸育ち♀さん)

◆兵庫県ですが、急いでる時は「グッパでホイ!」で、急いでないときは「グーとパー とおうたもんでホイ!」だったと思います。もっと大勢で分かれる時はチョキが入ったりもしましたね。
でんでらりゅうのろびんでした。(でんでらりゅうのろびんさん)

◆私が子供の頃「グーパー」ではなく「グッパー」と呼んでました。
かけ声は「グッパーいんじゃんとってホイ!」でした。(大阪府八尾市 ひろりんさん)

◆こんにちは。大阪府の北のほうに住んでいた者ですが、
いつも、「ぐーすーとーんー ぱっ!」って言ってましたよ。(さトロん)

◆長野県出身、26歳、男性です。「グーパー」分けは始めて聞きました。
長野県北部では、 グループを二つに分けるとき、パーにした手を揺らしながら「うらお〜もって!」(裏表)といっていっせいに手の平か手の甲を 出して決めてました。(Babaさん)

◆私の地域では 『グーとピーであやええこ!』と言っていましたが、こう書いてみると、何だか意味不明・・・。でも、もう30年以上も前の子供の頃なので、 いまは変わっているのかも?
(名古屋育ちのがーすけさん)

◆私が子どものときは、「グーとチーで合った人!」でした。
今から30年くらい前の札幌市南区あたりです。
今うちの子らは「グッパーグッパーグッパッパー!」などと叫んでいます。
なんとなく許せません(笑)。(3児の母さん)

◆♪グ〜パッでわかれましょ の「しょ」のときに一斉に出してました。
上手くわかれなかった場合は ♪なってない の最後の「い」の時に。
独特のリズムで言っているので読むと伝わりづらいかもしれませんが…
「わかれましょ」をたまに「わかめ」ということもありました。
聞いたことがあるだけなのですが ♪グ〜ッとパッとでグッとパッと というのもあるようです。
大阪市のお友達は ♪ぐ〜っとぐっと〜ぐっと、ぱっ と言ってました。(兵庫 by美蘭さん)

◆私は大阪に住んでいますが、グーパー分けの時は 「グッパー グッパー グッパでホイ!」 です。
調査を依頼された方のお友達と微妙に違いますねぇ。
大阪の具体的な地域が必要ならばお知らせください。では。(あくせすさん)

◆私は大阪に住んでたのですが、その昔、 「グーッパーでグッパッパ!」といっていました。
大きくなってから、いろんな地方のコに出会うと、すごいのがありました。
そのコは確か広島出身だったと思いますが、「うーらうらうらうらおもてー!」だったそうです。
「うーらうらうらうらおも」までは手の裏と表を交互にひらひらさせて、最後の「てー!」で裏か表を出します。全然グッパじゃないやん(^_^;)でも、しばらくハヤリました(笑)(OKETAさん)

◆「グーパージョシ」や「グッピッパ」と言ってマス!
現在中2なのですが、グーパーはどちらかというと小学校の頃良く使いました。
今は、「テッテノテ」や、「うーらーおーもーて」で、手のひらを裏にするか表にするかで分けることが多いです!(静岡県pipoさん)

◆私の子どもの頃は、グーとパーじゃなくてグーとチョキでしたよ。
掛け声は、「いーしーはーさーみ!」
1回で決まらなかったらそのまま続けて「みーみでみ!みーみでみ!・・・。」でした。
(川野@大分県さん)

◆その1 〜中学校まで
新潟県豊栄市葛塚地区(ここまで細かく書いていいのかどうか)のものです。
中学校までは、みんな何の疑問も感じず、フツーに使ってました。
略称「いーすと」
グーとチョキでチーム分けをします。
かけ声は 「いーすとはっさっみ!」 決まらない場合は「みっ!みっ!」と決まるまで続きます。
かけ声の由来とか意味については全然考えたことなかったのですが、 高校に入ってから
チョキ=はさみ
グー=石 →なまって「いす」になった
ということに突然気づき、それから恥ずかしくて使えなくなりました。

その2 高校時代
高校は、隣町の新潟県新発田市へ行ってました。
そこでは地元の「いーすと」とは違うかけ声でやってました。
略称「ぐーろっぱ」
グーとパーでチーム分けします。
かけ声は 「ぐーろぐーろー、ぐーろっぱ!」 決まらない場合は「ぐーろっぱ」を繰り返します。
言うまでもなく、「グーとパー」がなまったことは明らかです。

その3 高校〜大学時代
大学時代は札幌で過ごしておりました。
友達は全国各地から集まってきてましたが、よく耳にしたのが
略称「ぐっち」
グーとチョキでチーム分けします。
かけ声は 「グーとチーで合った人!」ってやつです。
決まらない場合は同じかけ声を繰り返します。
同様にグーとパーでチーム分けをする場合は、
略称「ぐっぱ」
「グーとパーで合った人!」となります。
これは札幌付近のかけ声なのかもしれませんが、よくわかりません。(TMさん)

◆私の地域は「ぐぅ〜とぱ」でした。でも、高校に行ってみると全然違う。
出身中学によって異なっていました。しかも長い!いつ出すのか分かりません。
なので、グーパーするときは 「じゃんけんぽん」でします。
時々間違えてチョキを出すことも…。(ぼぶ☆ボブさん)

◆静岡県浜松市在住です。私の周囲では、グーとパーではなくグーとチョキでした。
グーパー分けでなく、グーピー合わせ。
ピーは「ピース」のピーなのかなあと、漠然と思ってましたが、真相は不明です。
かけ声はそのものズバリ「グーピーあーわせ!」で、ちょうどいい人数にに分かれるまで、同じかけ声を繰り返します。(みみさん)

◆子供の頃は京都に住んでいたのですが、グーパーは「ぐっとっぱ」(グーとパー)って言ってました。
最後の「ぱ」で出すんですけどね。 他にも「ぐ〜ぱ〜ほいっ」とかもあったような気がします。(仙月さん)

◆さて、私の地域では、「グッとっパーのあーわーせっ!(グーとパーの合わせ)」 と言っていました。
揃わなかったら「あーわーせっ!」を繰り返していたり、揃ったら「そーろったっ!」と言っていたり。
あと、3チームに分ける必要がある場合は、「グッチョッパーのーあーわーせっ!(グーチョキパーの合わせ)」でしたね(愛知県在住、久遠の封印さん)

◆私は鹿児島(市内)の人間ですが、小・中学生の頃は「グーとパーで分かれましょ ♪」でチーム分けしてましたね。
高校生のときは「グーっパ!」って言ってたことが多かったです。
あれって大人数のときは各々が適当に誰か相手見つけて二人でグーパーやるんですけど(確実に二分するから)、奇数のときは一人だけできないんですよね。
たまにその役になったことあったけど、あれは寂しかった・・・(ぐっちょんさん)

◆兵庫県に住んでた時には「グー・ストン・パー」といってましたよ。
今にして思えば、「ストン」がstoneで「グー」って意味だったんでしょうか。
かちあうと「グス トン」「グストン」と言ってやり直ししました。
埼玉に住んでた時には「グッパー ジャス」と言っていました。
「ジャス」とはなんぞやー。(さセイロンん)

◆グーとパーでわかれるときは「グーとーパーでわかれましょ。」でしたが、私の地域は裏と表でわかれることが、多かったです。
簡単に「うらっ、うらっ、うらおもてっ。」や、ちょっとひねって?「うーらか、おーもーてんぷら ころっけ はんばーぐっ」が主流でしたよ。(北九州 さゆきん)

◆私は横浜市に住んでおりますが、学校でやる時は『グッチージェス』と言って、グー とパーではなくグーとチョキでやっています。
ちなみに学校の先生はグーパーと呼びますがおかげで誰にもわかりません。
中学生と中学校の先生の世代間で変わったようです。(Cazuha さん)

◆「グー、とー、パー」もしくは「グっ、とっ、パ!」でした。
3組に分ける時は「グッ、チッ、パ!」ですね。(横浜市nobさん)

◆こんにちわ。兵庫県姫路市のりえです。
グーパー分け、、、なつかしい響きですねえ。
私のこどもの頃は(30年ぐらい前)、単に「グー、とー、パッ」と言っていました。
音程は「グー↓、とー↓、パッ」です。パッは勢いよく。
ちゃんと同人数に分かれない場合は、これを延々とくり返していました。(山下さん)

◆私たちは「グッパで分かれんねーんね♪」でしたよ。
たまにその掛け声ですると、周りから不思議がられたりしますが…
(大阪府のjonathanさん)

私の地域(兵庫県川西市)では、グーッとーぉっパッ(と手を出す。もしチョキを出すヤツがいたり、決着がつかなかったりしたら)、グッとっパッ、グッとっパッ…(と決着がつくまでやる)でした。
今ふと思い出せなくなったんですけど、「グッとっパ」って、グーの人数とパーの人数が同じになれば決着でしたっけ?
「グッとっパ」とはちょっと違うけど、「おいもんがっちでほーいのほい」というフレーズもありました。
「おいもんがっち」は「多い者勝ち」の意味で、グーチョキパーのうち、いちばんそれを出した人が多いものが勝ち(で抜けていく)という決め方です。(ま〜さん)

◆私は埼玉県に住んでいます。
中学の時はみんな「グーパージャス!」でしたが、高校(県立)に行ったら「グーとパーで分かれましょ♪(わかれっこ♪)」「グッとっパッ!」「グ〜チ〜グ〜チ〜グ〜チ〜ジャス!」(グーとチョキでわかれる)などいろいろあって驚きました。
ちなみに3つにわかれる時は「グーチョキパー(ジャス)!」、4つにわかれる時は中学の時が「グーチョキパー3!」で、高校の時が「グーチョキパー鉄砲!」でした。
高校の時に「12345!」と5つにわかれたこともあります。(みきさん)

◆私のところでは、「グーパーパ!」って言ってました。
「グーパージャス!」って言ってた事もありましたけど、あれはもしかしたら、
名古屋に住んでた時かな?(小高さん)

◆「グーパー分け」のこと、「グッパ」ってゆってました。
「グッパで、分けよう」って、使ってました。(いまだにやるかも)
かけ声は、「ぐぅーっぱーっで、ほーほいな!」 あいこだったら、「な!」って言いながら続けます。
「ぐぅーっぱーっで、ほーほいなっ!なっ!なっ!」 「ぐぅーっ」は、微妙に「ぐーっう」ってゆってるような。 大阪です。(みりんさん)

◆東京の中野区弥生町辺りでは「グーパーじゃん」と言ってました。(林道小僧さん)

◆私の周りでは、「グッとーパーで○人○人そろえばいいだーヨ ッ!!」です。
3つに分ける時は、「グーチョキパーで○人○人○人そろえば いいだーヨッ!!!」です。
さすがにこれは言いにくい…。(山梨県・西八代さん)

◆名古屋では「グーとパーでそーろーいっ!」っていいます。
余談ですが、何人かでやると、必ずチョキを出すヤツが一人はいましたよね!?(Masayaさん)

◆最初の掛け声『ぐっぱのもんくなし』
あいこのとき『よーだーしょ』
これって私が通っていた小学校でのみの言い方なのかもしれません。
中学校や高校で「ぐーぱー分け」するときに、「なにそれ〜!」って討論になったことあります(笑)
で、討論の結果、最初の掛け声 『ぐっぱのわかれっこ』にしようってことで無事に(?)一件落着でした。ちなみに、「ぐーちょきぱー」で分かれるときは 『ぐっちょっぱーのわかれっこ』です。
(けっきょく「わかれっこ」はかわらないですねぇ)
ちなみに、住まいは埼玉です。(ゆきちゃさん)

◆私の所(千葉)では、グーパーは「グッとパーでわっかれっましょ♪」でした。
あと、1つのグループ(?)を、3つに分けるときには、グーとパーとチョキで分けていました。
その際の掛け声は、「グッチョッパーでわっかれっましょ♪」でしたョ。
(千葉県星マーク☆ホシコさん)

◆私は熊本県熊本市のほぼ中心部に住んでいますが、グーパー分けなんて最近まで知りませんでした。小学生の頃とか、野球のチーム分けはどうするかというと、「うら、おもて!」と掛け声をかけて、手の平か手の甲を出し同じ方を出した人がチームになるという決め方でした。
さらに分かりやすくするため、手の甲を出した人は そのまま手を上げる、手の平を出した人は下げることで、瞬時に誰がチームになったか分かるという感じでした。
ちなみに、どんな不平等なチーム分けになってもその分け方で決める時は「うら、おもての文句いいなし!」 という掛け声を使っていました。(ルカさん)

◆わたしたちが子どものころはグーとチョキでした。
「グー、キー、グー、キー、おともんやす!」と言ってました。
自分たちで言っていながら「おともんやす」はずーっと不思議な言葉でしたけど…
大学時代子どもを相手に公園で遊んだり、キャンプへ連れて行ったりするサークルに入ってました。(金沢大学)
遊ぶ相手は金沢市内の小学生たちだったんですが、そこではじめて、「グっとパー」と言って分かれるのを聞いてあせった覚えがあります。
ちなみにその同じサークルの同級生などもほとんどグーとパーでした。
他にグーとチョキで分かれる地域はないんでしょうか・・・(石川県 かぴょんさん)

◆「グーと〜、パーで〜、あ〜えばりっ!」です。
一回で決着が付かないと「あ〜えば りっ!」を繰り返していました。
子供心に「あ〜えばりっ!」って一体どんな意味?と思っていましたが、友達は誰も知りませんでした。
それでも何の支障もなくグーパー分け出来てました。(^_^;)
鎌倉(神奈川県)っ子で、西鎌倉小学校に通っていました。(ハハハの母さん)

◆徳島の人間です。
子供の頃から使っていたのは、「ぐーぅ、とぉ、ぱーぁ」と各音を強調しなが伸ばして言う形でした。
1回で組分けが終わらない場合、2回目以降は、 「ぐっとぉぱあ」と伸ばさずに速く言ってました。
(近藤さん)

◆「♪グーと、パーの、わかれっこ♪」
「♪グーパーグーパーグーパーパッ!♪」(早口言葉っぽく歌って、 最後の「パッ!」で勢い良く出す)
尚、どっちの歌にも、パーの部分がチョキに変わったバージョンもありました。(郡司さん)

◆東京北多摩では、「グーパージャス」です。
うちの方では、ジャージ(先週の議題ですね。)ではなく、じゃんけんに「ジャス」って使ってるようです。
でも、そもそも「ジャス」って何だ…?(ねぼすけさん)
メーリングリストなら、
1通送るとみんなに届く。
学校やサークル、友達同士の連絡用に。同じ趣味の仲間同士の情報交換や雑談用に。freemlなら誰でも簡単にメーリングリストの運営がスタートできます。
調査記録一覧
あなたはなんて言う???

「食」調査!!!

由来・語源

○○知ってる???