完全無料 日本最大級のメーリングリストサービス

TOP > ウィふり調査団 > あなたはなんて言う??? > 『「うめぼし」って言う?』調査
ウィふり調査団トップへ

『「うめぼし」って言う?』調査

カテゴリ:あなたはなんて言う???
小学校のとき鬼ごっこやかくれんぼなど遊んでいて、いじめてるわけじゃく、年下の子やハンデのある子には特別なルールを作って一緒に仲良く遊んだ経験ってありますよね。 その子達のことを俗に何て言ってましたか?上司は『うめぼし』って言うんです。みなさん言いますか?それとも他に何か違う言い方ありますか?ちょっと社内でもめてます(笑)(ながいさん)
みなさまからのメール
◆昔の私、鬼にされると泣きわめくので特別ルールの対象になっていました(^^;
うちの地方(大阪府枚方市)では「こまめ」か「ごまめ」と呼ばれていた記憶があります.
今にして思えば、そんなので鬼ごっこしてなんか楽しかったのか?という感じですが、ゲームに負けてムキになってしまう癖は治っていません…(御室さくらさん)

◆はじめまして。私、生粋の名古屋っ子です。鬼ごっことかの時は、『たらこ』と言ってましたよ。
小さいから玉子の意味だったのでは?(ゆうたさん)

◆『うめぼし』という表現は初めて聞きました。
私は生まれてから大阪市南東部に30年ほど住んでいましたが、『ゴマメ』と言ってましたね。
『うめぼし』がどの地域なのか興味はあります。
かくれんぼ等で、少々のミスをしたからと言って年長者と同じルールを適用すると試合にならない、ということを幼いうちから身につけるのは良いことだと思うのですが、最近の子どもにはその機会すら無いのが、社会が乱れてる原因かも知れないと本気で思います。(電脳LOTさん)

◆特別ルール適用者の呼び名について投稿します。
まだ私が小学生の頃だから20年ほど前、”鬼ごっこ”や”缶蹴り”等していても、とろかった私はすぐにつかまってしまい、そして鬼になっても他の人をなかなかつかまえられなせん。
だから私に対しては普通のルールを適用してもつまらないと思われ、私だけは鬼につかまっても、それをなかったことにして私は鬼になることはなく、遊びは続けられたことがありました。
同級生同士の遊びのときだったと思います。そのときに、「みそっかす」と呼ばれていました。
当時は茨城県の西のほうに住んでいました。(とみるさん)

◆調査以来を呼んで、ちょっとビックリ!
大晦日なのに、忙しいはずなのに、書かずにはいられませんでした。
もうこれは、「お味噌」または「味噌っかす」でしょう。
私も二つ上の姉に連れられ年上のお友達と遊びましたが、その時は必ず「おみそね〜。」と言われました。缶けり、ニクダン、靴とり・・・あぁ懐かしい遊びの数々…。
ちなみに、東京都下の多摩地区で三十年前のお話で〜す(^^ゞ
あっ、主人は東京都内ですがやはり『オミソ』だと言ってます。(YUKIさん)

◆う〜ん。確か”マメ”って呼んでいた気がする・・豆粒からきているのかなぁ。
はっきり分かりませんけど。(ヒロママさん)

◆自分の住んでいたところでは、「みそっかす」でした。または、「みそ」「おみそ」とも、言っていました。
神奈川県横浜市です。(tomさん)

◆東京北多摩で子ども時代を過ごしましたが、そこでは「おマメ」とか「おミソ」と言っていました。
なぜそう言うのかはわからずに使っていましたが・・・(haruさん)

◆私たちの場合その子は「おみそ」と呼ばれました。
その「おみそ」の子は、かくれんぼで見つかっても鬼にならず、ドッジボールやろくむしであたってもセーフで外に出ません。
一緒になって走り回って楽しくしていました。(東京都下 30代男性Tさん)

◆結論から申上げますと「みそっかす」でした。
鬼ごっこで鬼にならなくてもよい、缶けりで鬼に見つかっても鬼にならなくてもよい、そういう人(子供)のことを、神奈川県横須賀市某所では「みそっかす」と言いました。
語源は不明です。(A.Uさん)

◆大阪府柏原市、河内の真ん中です。
我々の子供の頃は「ごまめ」と呼んでいましたよ。(Lindaさん)

◆群馬県の高崎に住んでいるものですが、私の小さいときは特別ルールの適用者は『おみそ』と呼んでいました。(Aさん)

◆東京都三鷹市在住でしたが…昭和34年生まれ〜現在43歳の私は2歳上の姉達に遊んでもらう時「おみそ」と呼ばれていました。みそっかす…を可愛らしく言い変えた言葉のようですが…
詳しくは…?です。(にゃさん)

◆私たちの間では「豆ちゃん」とか、「豆」って呼んでました。(K.Qさん)

◆「うめぼし」は初耳でびっくり!やはり地方によって違うのでしょうね。
大阪市内出身の私は「ごまめ」でした。語源は何かな?
おせちに入っているあのごまめでしょうか??(江戸さん)

◆「ごまめ」って言ってた記憶があります。大阪市内です。(T.Eさん)

◆千葉出身ですが「まめ」と言ってました。(Pさん)

◆全国的には「おみそ」というのだと思います。「みそっかす」からなのでしょう。 たぶん、「うめぼし」という方は、子供の言葉遊びか、一種の思いやりで、「みそ」→「家庭にある毎日の食べ物」→「うめぼし」となったのではないのでしょうか?
長崎県では、「おみそ」「みそっかす」が、大人の頭の中にはありますが、いまどきの子供は、仲間には入れてやりませんので、「死語」に近いのではないでしょうか?(いーさんさん)

◆私の地域ではそれは「ごまめ」と呼んでいました。
何でだかわかりませんが。(大阪市 Aさん)

◆「うめぼし」は、きいたことがありません。
東京は文京区、「おみそ」か「おまめ」といってました。(Iさん)

◆うちの方では、「おみそ」とか、「みそっかす」と呼んでいました。
うめぼしというのは知らなかった!(静岡県出身 はじめさん)

◆私の住んでいたところは埼玉の西部で「みそ」「おみそ」「みそっかす」などと呼ばれていました。
年下の子やちょっとややこしいルールがあるゲームに初めてとか久しぶりに参加した子に適用されていました。(Mさん)

◆私はなんていってたか、わすれましたが、うちの次女が通ってる幼児むけフリースクールの先生は、「ごまめ」って言ってて、みんなそう言ってます。
ちいさいからかなと思ってたんですが・・・・。大阪の豊中市です。
梅干ははじめて聞きました。なんで食べ物?(らららさん)

◆東京生れの東京育ちですが「みそっかす」とか「おみそ」とか言ってました。(Rさん)

◆私の地域では「ままこ」と呼んでいました。
私の住所は福岡県田川郡方城町ですが、周辺の町でもだいたい同じ呼び方で通じていました。
(K.Hさん)

◆なんとなく、読んでて、大笑いしてしまいました。小さい子供の特別ルール。
大阪市内では『ごまめ』といってました。これは、20年以上も前の記憶ですけど。
今はなんていってるのでしょうかねぇ。(家に8キロの巨体の猫がいる みちさん)

◆私達が子どもの頃は”アブラムシ”と言っていました。 ある時 我が子がお友達と遊んでいる中に 下の子を「”アブラムシ”でかたして」(我が地方では仲間に入れてって言う意味です)っと言うとみんなで揃って「”アブラムシ”って何?」っと意味がわからないんです。
その中で一人だけ5人兄弟の末っ子の子だけが ポツリと「”アブラムシ”って悲しいっちゃんねぇ」10年経った今でもこの一言が心に残っています。
そうなんですね。私が子どもの頃は”アブラムシ”ってとっても得な人と思っていたのに…
(福岡市 40代主婦Tさん)

◆私の地域(大阪府)では、アウトになっても、セーフのままの子たちを、「ごまめ」と呼んでいました。
「うめぼし」と同じぐらい語源は分からないんですが…
語源が分かる方、教えて下さい(^0^)/(大阪府 jonathanさん)

◆わたしのところでは、「ごまめ」といってました。
鬼ごっこのなかでも、「たかたか」という鬼ごっこをするときによく「ごまめ」を作りました。
ちなみに「たかたか」というのは、路地の地面より高いところがセーフティーエリアで、その場所にいるときは、鬼は手出しをすることができません。
ごまめさんは、地面で鬼に「でん」をつかれても、すぐに鬼にはならない、というメリットがあったようにおもいます。(スマイルさん)

◆はえのごべ(はえのゴンベ?)(三重県 Nさん)

◆私も小学校の頃、よく特別ルールを適用されてました。
あまりにどんくさくて、すぐに捕まってしまってゲームにならないため…。
私達は「みそっかす」と言っていました。地域は東京です。(美桜さん)

◆『ちょうちょ』(名古屋 Hさん)

◆「みそっかす」と呼んでましたね。漫画やTVでも登場していた単語なのでこれが共通語なのだろうと思っていました。「みそっかすはコドモ社会に参入するための儀礼として有効なルールである」って話をTVで聞いた記憶もあり。
僕が育った静岡県富士宮市ではそれ以外に「みそっこ」とも呼んでいました。
他に、多分漫画メディアで「おミソ」という表現も見た覚えがあります。
どれも基本は「味噌粕」だと思ってました(内藤@甲府さん)

◆「みそっかす」とか「おみそ」と呼んでいました。
私は神奈川県出身(藤沢市、鎌倉市)、母は神奈川県逗子市出身です。(E.Hさん)

◆大阪府出身です。
1人だけ小さい子どもがまじっていたりして、遊びのルール上特別扱いするときは「ごまめ」と言っていました。語源は不明です。(めえさん)

◆『ごまめ』って言ってました。(奈良県在住 浅山さん)

◆私は大阪府豊中市豊南町に住んでいました。阪急電車宝塚線の庄内駅で降ります。
特別ルール適用者の呼び名方は「ごまめ」です。(Aさん)

◆私は兵庫県姫路市で育ちました。小学校に入る前は姉についてまわって遊んでました。
そんな時、私はいつも「ごまめ」でした。
ゴム飛びなどでも失敗してもカウントされなかったような…。
「ごまめ」の由来は知りませんが、なんか「小さくて力がなさそう」な感じがします。(A.Yさん)

◆この調査結果は興味あります。僕も少し前、これについて議論したことがあります。
うめぼし、は、どこのルールなんでしょうかね。僕は岡山出身で、たまご、と呼んでいました。
僕の彼女は、みそっかす、と呼んでいました。神奈川です。
京都の友人は、うどんこ、と言っていたそうです。
どれも、鬼にタッチされても鬼を交替することなく、再び逃げ出しちゃう、っていう、小さい子、病弱な子救済措置ルールでした。(ササキさん)

◆うめぼしですか?
私が育った山形県のあるちほうでは「あぶらすっこ」と呼んでいました。…なんで?
(あだちゆみ(^^)/~~~さん)

◆鬼ごっこの時は手加減して追いかけ、本気ではつかまえないなど何かにつけ大目に見るんですよね。
こういう制度がどの地方にも(言い方は違うけど)あるということは、ほほえましいですね。
私が育った宮城県仙台市では「ままこ」と言っていました。
しかし、同じ宮城県でもわずか20キロ南の(私が現在住んでいる)岩沼市という所では「あぶらっこ」と言っています。大変地方性が強いんですね。(Sさん)

◆「うめぼし」ははじめて聞いたなあ。私の小学生のときは、「おみそ」でしたよ。
「みそっかす」からきてるのかと思います。
昔は、小さい子も大きい子も一緒に仲良く、夕暮れまで遊んだものです。
ちなみに私48歳です。
17歳の娘にも、参考までに聞いたのですが、縦のつながりが薄いのでしょうか、特別な言葉はなくて「ハンデつける」…そのままでした。(アニーさん)

◆私は埼玉県南部に生まれたときから住んでますが、私の周りでは「味噌」または「味噌っかす」といってました。「味噌っかす」の子は、タッチされても鬼にはならずずっと追いかけられるほうに居れました。
かく言う私もいつも「味噌っかす」でした(;^_^A(T.Sさん)

◆東京です。「みそっかす」と言ってました。
かくれんぼのとき、小さな子が鬼だと、わざと見つかりやすいように隠れたりしてました。(Pさん)

◆「ごまめ」でした。(大阪府富田林市 まえださん)

◆こちら、大阪の港区では、「ごまめ」と言ってたんやけどネ〜…(みっすんさん)

◆うち(埼玉・東京)では、「みそ」とか「まめ」とかよんでいました。(Jさん)

◆私の出身は東京の練馬。やはり、幼い頃、遊んでいる中で年下の子には特別なルールが摘要されていました。そういう子のことを「おみそ」と言いました。 現在は青森に住んでいますが、ここでは「みそっこ」と言われるそうです。
「うめぼし」という言い方は初めて聞きました。
地域によって様々な言い方があるのでしょうね。(Mさん)

◆年下の子のハンデ、ウチの方では「まめ」と呼んでました。
いわれの理由は、「鬼が豆を嫌うから」という事で。
節分では、豆を撒いて、鬼を追い払っている所からでしょうね。
……でも、そうなると、鬼が逃げなきゃいけないか?
(実際は、ンな事なかったですけどね)(郡司さん)

◆「ままこ」って読んでました。
漢字にすると「継子」継子イジメとかはよく聞くけど、何でひいきするのに継子だったんだろ?
ちなみに、岡山県でーす。(K.Cさん)

◆「とうふ」でした。優しい工夫のルールで,こどもごころに皆で仲良く遊べるので、好きな仕組でした。(名古屋の流れ星ぴこままさん)

◆『おまめ』とか『おみそ』でした。
『おまめ』の方が多かったみたいです。(東京都38歳 しっぽぽさん)

◆小学生の時は兵庫県に住んでいましたが、確か『ごまめ』と呼んでいたと思います。
但し、最近かなり記憶力が乏しくなってきた私です、微妙に間違ってるかもしれません。
でも『まめ』はついていたと思います。
ハンディとかではなく、仲間はずれにされる子は、『はみご』でした。
大台にのった今でも(三十路です)、はみごは使います。
「〜一瞬、はみごにされたんかと思ったわ〜」とか。
まただんだん本題からずれてしまいました。(まねきぱんださん)

◆遊びに特別ルールを適用していたこと自体すっかり忘れていましたが、MLを読んで昔のことを思い出しました。私の出身は岩手県ですが、その子のことは「あめっこ」と言っていたような気がします。
ちなみに「っこ」の部分は、なんにでもつける方言だと思います。
(例 「どじょっこ」「ふなっこ」)(ちばたくさん)

◆千葉では「まめ」だったかな?(M.Sさん)

◆大阪ですが、「ごまめ」と呼んでいました。
愛媛出身の両親は「あぶらむし」と言っていたようです。(T.Sさん)

私のところでは、「おとうふ」って言ってました。
そのころは全然意識していなかったけれど、今考えると、大事に扱ってあげるというカンジでなかなかいいネーミングだなと思います。(静岡県西部 rinさん)

◆私は群馬県前橋市のはずれのほうの農村の生まれです。
最下位のことは『げっぴ』と言っていました。『げび』とも言ったかな。
『げっぴ』より『げび』の方が女言葉だった気がします。
あまりいい響きではないのですが、群馬弁は全体的に男言葉も女言葉も荒い言葉だと思います。
(神奈川在住40才女性 K.Iさん)

◆私の方(栃木県)では、アブラムシと言ってました。
(だんちゃん(^_^)さん)

◆地域によってかなり違うと思いますが、私の小さなころは『ままこ』といっていました。
(北九州 はなさん)

◆大阪(市内)では、「ごまめ」です。(H.Kさん)

◆私の田舎(福岡県直方市)では、「ままこ」と言ってました。
(由来はわかりませんが・・・。)(くにさん)

◆私は33歳、神奈川県横浜市出身ですが、子供時代に特別ルールを適用する小さい子の事などは「みそっかす」と言ってたように記憶してます。(Kさん)

◆22才の東京都民です。
特別ルールの適用者のことは『みそっかす』って呼んでました。
何が語源なのか、とかは全然しらないんですが……。(Mさん)

◆私の実家は千葉県の市川です。
小さい頃、友達の妹や弟が鬼ごっこに入るときは、捕まっても鬼にならないよう○○ちゃんの妹は「おまめ」ねと言っていました。
主人と結婚する前そんな話をしたらそれは「おみそ」と言っていたようです。
未だに「おまめ」と「おみそ」の話が出るとお互いに絶対に譲りません。
ちなみに、主人は相模原の人です。(Kさん)

◆東京の世田谷区では「おみそ」って言ってましたよ。
もう35年も前の話ですが。。。(ハルさん)

◆僕は大阪の堺に住んでるんですが、僕の小さい頃には、そういうのを『ゴマメ』って呼んでましたよ。(大阪 ヤマモトさん)

◆関西ではこ『ごまめ』と言います!
(泉州地方だけ?…それともうちの近所だけ?)(わんこさん)

◆私達は「みそ」や「みそっかす」と言っていましたよ。ちなみに私は東京出身です。
私の部活動の顧問の先生は、青森出身ですが「みそっかす」と言っていましたよ。
ですから、地域は関係ないみたいですね。(Ryuさん)

◆私の地方では「はいねこ」と呼んでいました。(三重県津市 MKさん)

◆山形県山形市出身です。うちの近所では、「あぶらしっこ」とよんでいました。
言葉の意味はよく分かりませんが…。
よく同年代の友達と遊んでいましたが、友達が弟や妹を連れてきたときに「あぶらしっこ」にしていたのを覚えています。(あつしさん)

◆昭和33年生まれ男東京都北区。
昭和38年前後 「みそっかす」「おみそ」といっていたような…。(Mさん)

◆福岡県南部の八女地方ですが。特別ルールの子は「かてかてまんじゅ」ってよんでました。
ちなみに私は三十代中ばですが、若い人に言っても通じるので最近でも使ってると思います。
多分…(ごましおさん)

◆私は、47歳の男性です。千葉県船橋の中心街に住んでました。
昭和30年代後半、小学校低学年時代には「おまめ」と呼んでいました。
「おみそ」というのも有ったかも知れません。
「おまめ」扱いの幼児は、捕まっても鬼にならない代りに、重要な立場の役にもなれませんでした。
「うめぼし」は初耳です。
「鬼ごっこ」「かくれんぼ」「だるまさんが転んだ」「どろじゅん」(泥棒と巡査)「高鬼」など、3歳〜10歳ぐらいの、4〜8人ぐらいでよく外遊びをしていました。(T.Mさん)

◆「みず」と言っていました。
この言葉の由来はよく分かりませんが、鬼ごっこやかくれんぼのとき、捕まったり、見つかったりしても、鬼にならなくてもいい小さい子どもを、皆そう呼んでいました。
(香川県丸亀市 BIGWAVEださん)

◆福島県福島市では「みそっかす」と言ってました。
また、飯坂町(飯坂温泉のある街)のある地域では、「あぶらっこ」と言います。
アブラムシのことか、ゴキブリのことかははっきりしませんが・・・。(M.Iさん)

◆え〜、うめぼし〜?!はじめて聞きましたあ。
わたしが子どもの頃は『おみそ』って言ってましたよ。(東京郊外 K.Tさん)

◆愛媛県新居浜市で昭和38年に生まれ育ちました。
その「特別ルール適用者の呼び名」は「べべこ」と言っていました。
「べべこ」は、鬼ごっこやかくれんぼで最初に捕まっても鬼になることを免除されるという特別ルールがありました。
遊びを始める前にその場に集まった面々の構成を見て、他と比べてかけ離れて幼少の者がいたときにその子を「べべこ」にします。
遊びたい者すべてを排除せずに受け入れ、しかも遊びの面白さを損なわないという、当時の子どもの優れた知恵だったと思います。
(東京都 げらちゃんさん)

◆練馬区は『おみそっ!』です。『おみそ』ではなく、『っ!』が付いた『おみそっ!』です。
ちなみに、友人の弟で坊主頭の子は『マルコメッ!』でした。(sanochanさん)

◆東京都世田谷区1970〜80年代。「おみそ」特別ルール適用者の呼び名。
味噌から来てるんでしょうね。(H.Mさん)

◆「おみそ」
23年前になりますが、5.6歳頃の時、姉達と遊ぶ時は必ず私は「おみそ」と言われ、鬼にもつかまることなく遊べました。
「おみそ」は鬼が捕まえても、鬼になることなく遊べる人のことです。
なので、鬼も追いかける事もしないので、おもしろいわけではないのですが、一緒に参加できるので大人が決めたルールだったのかなぁ?と思っています。
(東京都目黒区原町代表 A.Kさん)

◆現在は東京に住んでいますが、出身は福岡県です。
福岡では遊びの中での特別扱いの小さな子は「あぶらむし」と言っていました。
ゴキブリのこともあぶらむしというし、アリマキのこともあぶらむしと言っていたような気がします。(T.Tさん)

◆愛知県は名古屋市からです。名古屋ではその特別ルールの子を「からこ」あるいは「きゃらこ」と呼んでいました。
大人になってから、その由来は茶碗の図柄にある中国の子供が遊ぶ様子の絵「唐子」から来ているんではないかと自分勝手に納得しています…。(M.Tさん)

◆私が子供の頃は、たしか「おまめ」と言っていました。
いかにも「ちっちゃくてかわいいから特別ね」という感じで、私はこの言い方が好きでした。
が、大人になってからそれを口にすると、たいてい「それって「おみそ」のこと?」と聞かれてしまうのです。
ずっと東京エリアに住んでいるのに・・・「おまめ」は超ローカルだったのでしょうか?
誰か「おまめ」に救いの手を!「おみそ」って、「みそっかす」みたいでいやなんです…。
(こういう風に感情が入っちゃうのは、やっぱり自分が妹で、該当者だったからかなあ。)(丙午さん)

◆横浜市では
みそっかす、と呼んでました。
ちょっと大目にみてあげようという配慮です。(M.Aさん)

◆愛知県知多地方です。私のところでは「とうふ」と呼んでいました。
小さくてやわらかくて強くいじると壊れてしまいそうという意味だと思っています。
つい最近近所の子供達も同じように呼んでいたので代々継承されている模様です。
(忌部 31歳男さん)

◆「特別ルールの子を何て呼ぶ?」ですが、徳島県徳島市で育った私は「あぶらご」と呼んでいました。子供の頃一緒に遊んでいた年長の子から教えてもらったもので昔からそうだったんじゃないかと思います。今はどうなんだろう?(K.Oさん)

◆徳島ではたしか、「あぶらご」だったと思います。(藤井さん)

◆岡山県西部で育った私たちは「たまご」とよんでいました。
鬼ごっこなどで、「たまご」はみんなと一緒に逃げます。捕まっても次に鬼になる心配はありません。
しかし、鬼は「たまご」を一人でも捕まえられなかったら、いつまでも鬼のままです。
このように「たまご」というシステムは、幼い子を保護すると同時に、幼い子に一定の権限を付与するものでした。
しかし、十数年前から地域での遊びに、異年齢集団が消えて、同年齢集団となり、「たまご」のシステムは消えたようです。
たとえ異年齢集団であっても形式的な「平等」でしか遊べない。
強いものも弱いものも配慮しながら集団をつくる、そんな世界がかつてあったのです。
今は地域に、遊ぶ子どもの姿さえ見えません。(Hさん)

◆静岡県富士市にいたころ「あぶらげ」と言ってました。おとうふ系ですな。
昔読んだ本(児童文学)では「灰猫」という言葉で出てきてましたが作者の出身はわかりません。(Y.Lさん)

◆わたくし、滋賀県の北部にずっと暮らしていますが「うめぼし」です。
初のうめぼしですかね。(流星さん)

◆ごまめって言ってました。大阪です。(A.Hさん)

◆静岡県静岡市出身です。
私が子供の頃は「あめんぼ」と呼んでいました。(R.Yさん)

◆いろんな呼び方があるもんだ〜と感心しました。
同じ地域でも、違っていたりして、興味深いです。
大阪府豊中市の方が「ごまめ」とおっしゃってましたが、私も幼少のころ同じ地域に住んでいました。
でも、ごまめなんて聞いたことないです。
そもそも、小さい子と遊ぶための特別ルールなんてなかった。
大きい子とは遊んでもらえなかったです。
子ども社会が年齢で輪切りになり始めた時代だったのかも?夫は京都府北部出身。
「ミソッ子」と言っていたそうです。「うどんこ」なんて知らん、と言っております。(梅女さん)

◆埼玉出身ですが、特別ルール適用される人を、あいまいな記憶ですが、『みそっかす』などと呼んでいた記憶があります〜!(Kさん)

メーリングリストなら、
1通送るとみんなに届く。
学校やサークル、友達同士の連絡用に。同じ趣味の仲間同士の情報交換や雑談用に。freemlなら誰でも簡単にメーリングリストの運営がスタートできます。
調査記録一覧
あなたはなんて言う???

「食」調査!!!

由来・語源

○○知ってる???